自然災害

主な災害

福岡は比較的自然災害の少ない所ですが、6月から7月の梅雨時期の水害、夏から秋にかけての台風シーズンには暴風雨による被害が発生することがあります。また、地震は全国的に見れば少ない方ですが、2005年の3月に非常に大きな地震があったように、決して油断は出来ません。また日本の木造家屋は燃えやすく火事になりやすいので、火の取り扱いには十分気をつけましょう。

 

いざというときのために、日頃から次のことに注意しておきましょう。

 

防災対策

地震/津波/台風/水害への対応動画

あなたを守る災害時の備え(地震/津波/台風/水害)

 

外国人の為の防災ガイド

外国人の為の防災ガイド(福岡市消防局)

 

福岡市民防災センター

「福岡市民防災センター」は、災害とその対策について学ぶことが出来る場所です。強風や地震のシミュレーションの他、消火活動、災害からの身の守り方などを体験できます。

Tel:092-847-5990 (早良区百道浜1-3-3)

http://119.city.fukuoka.lg.jp

 

災害情報の入手先

福岡市内災害情報ダイヤル

Tel: 0180-99-9595

 

福岡市防災・危機管理情報

http://bousai.city.fukuoka.lg.jp/

 

福岡市防災・危機管理情報 携帯電話用サイト

http://bousai.city.fukuoka.lg.jp/i

 

福岡県防災メール・まもるくん

http://www.bousaimobile.pref.fukuoka.lg.jp/

http://www.bousaimobile.pref.fukuoka.lg.jp/en/

 

外国語によるラジオ情報

ラブエフエム(福岡76.1MHz、福岡西82.5MHz、北九州82.7MHz)

http://lovefm.co.jp/

 

 台風

台風の時は強風が吹き荒れ、瓦、木の枝、看板などが飛ばされてくることがあり大変危険なので、出来るだけ屋外には出ないほうが安全です。また、窓ガラスが割れて家の中に吹き込む恐れもあるので、保護措置をしていない窓からは離れていた方が良いでしょう。家に雨戸やシャッターがあれば、できるだけ早く閉めて暴風に備えましょう。

風に加えて、雨が激しく降ることもあるので、低い土地に家がある場合や近くに川がある場合は、洪水にも注意が必要です。 また、雨水が道路にあふれ出したら、地下鉄の利用や、地下街、ビルの地下部分に入るのは避けた方が無難です。

 

地震

福岡は、比較的地震が少ない方ですが、2005年3月20日に発生した「福岡県西方沖地震」のような大規模なものがまた起きる可能性もあります。従って、日頃から地震に備えておくことが大切です。家の中の危険な場所、安全な場所を日頃から確認しておき、とっさの時にすぐに対応できるように心掛けておきましょう。また地区ごとに小・中学校や公民館などが緊急避難所に指定されているので、必ず場所を確認しておき、必要な時にはそこに身を寄せましょう。

 

地震の時に注意すること