FUKU-NET 会員団体

ペシャワール会
Peshawar-kai
所在地 〒810-0023
福岡市中央区警固2-1-17ハイツみかげ803号
URL http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
代表者名 村上 優
実務担当者 福元 満治
TEL 092-731-2372
FAX 092-731-2373
E-Mail peshawar@kkh.biglobe.ne.jp
設立年月日 1984年9月18日
設立目的 中村哲医師のパキスタン北西辺境州(現パクトゥンクワ州)、アフガニスタンでの医療活動を推進するために必要な広報、募金活動及び医薬品、医療器具等の輸送そしてボランティア・ワーカーの派遣等の活動を行う。
会員数 個人 約13,000人  他に支援者 約5,400人
入会条件 ・本会の活動に理解された方で思想、宗教、国籍等に無関係に入会できる。
・会費 学生会員1,000円以上 会員3,000円以上 維持団体会員 10,000円以上
活動内容

1.医療活動
パキスタン北西辺境州(現パクトゥンクワ州)ではじまった医療活動は、同地の治安悪化にともない、現在PMS(ピース・ジャパン・メディカルサービス=旧ペシャワール会メディカルサービス)のアフガニスタン東部ダラエヌール地区での診療活動に継続されている。
2.農村復興支援
長年の戦乱と干ばつで全土が荒廃しているアフガニスタン東部地域において、PMSは全長約27キロのマルワリード灌漑用水路を建設、また既存用水路を改修・新設して農地を復活し、難民となっていた農民の帰村を促している。
用水路は日本の江戸時代に確立された蛇籠工、柳枝工等、将来にわたって住民による補修、改修が容易にできる工法が主に採用されている。
カンレイ村、クナディ村には朝倉市の三連水車をモデルとした揚水水車が設置されて給水可能な耕地が増えている。
マルワリード用水路の最終地点であるガンベリ沙漠では、試験農場の開墾と同時に防風・防砂の為の植樹を継続し、2015年3月には護岸も含めて植樹数は全体で84万本にのぼる。農場では米・麦・野菜の他、オリーブ、オレンジなどの換金作物の栽培も始まっている。
ペシャワール会はこれら現地PMSの事業を日本側で支えている。

関連団体  
刊行物

・ペシャワール会報(年4回発行)2015年7月31日現在 №124

  • ・ペシャワール会報合本
  • ・DVD「アフガンに命の水を ペシャワール会26年目の闘い」

・DVD「アフガニスタン 干ばつの大地に用水路を拓く」

 

・他に中村哲医師の著作多数