留学生と企業の交流サロン

概要

留学生と企業の交流サロンは、福岡をはじめ日本で就職を希望する留学生と、グローバル人材として留学生に興味を持つ地場企業の相互理解を深める交流会です。

交流サロンを通じて相互理解を深めることで、留学生の就職活動への意欲促進・定着及び地場企業での外国人留学生の採用促進をめざします。

背景

多くの日本企業が海外関連事業参入のため、外国人留学生の雇用を行っています。

地元福岡でもこのような動きが加速しているようですが、福岡で頑張っている企業について情報が少なく、福岡・日本での就職を諦めている留学生も少なくありません。

また、国内では留学生が増加していますが、考え方や風習の違う外国人留学生と触れ合う機会が少ないため、本来の姿が理解できず、留学生の採用に踏み切れないケースもあるようです。

内容

少人数のグループに分かれて、共通のテーマで意見交換をしたり、簡単な食事をとりながらフリートークするなど日本語で交流します。

Point①普段着で、自然な会話を通じ「企業が求める留学生像」「日本の企業文化」「生の留学生像」などを相互理解を深めます。

Point②就職面談会とは違い、就職・採用は前提としていません。

参加者募集

現在募集はしていません。

平成29年度の実績

実施回数

2回(福岡県中小企業家同友会と主催・11月28日開催/福岡・大連未来委員会と共催・12月8日開催)

参加者数

留学生69人、企業39社47人 ※のべ数

参加者の声

留学生

・たくさん就職活動のアドバイスをもらった。

・企業の方に直接様々な質問を聞くことができ、参加してよかった。

・企業が求める人材が分かり、今後の目標が明確になった。

・就職が決まっていない留学生にとってすごくいい交流会だと思った。もし自分が就活の時に参加したら、絶対福岡に決まったと思った。

・家とバイトばかりするより、このような会に行った方が日本語も上手になり、友達を作るチャンスがあると思った。

参加した留学生の9割以上が「将来の進路を考えるきっかけになった」と回答。

企業

・留学生には優秀な方が多いと改めて感じた。

・留学生の生の声や考え方を聞くことで、当社で働いている外国籍の社員の気持ちに近づいた感じもします。

・職場体験などを通じて社員と接する機会があればいいと思いました。

・福岡に魅力を感じてくれている学生が多いと知った。

参加した企業の半数以上が「会う前の認識が変わった」と回答。また、約7割が「新しい事業展開を考えるきっかけになった」と回答。

サロンの様子

サロンの様子

サロンの様子